意外と知られていないキャッシング活用法:海外でのキャッシング

トップページ
お気に入りに追加

意外と知られていないキャッシング活用法:海外でのキャッシング

海外旅行に出かける場合、国内のように日本円を持っていたとしても使うことができませんので、当然ですが現地通貨の持ち合わせが必要になります。
そのための手段は外貨両替だけにとどまらず、実はクレジットカードを使った海外キャッシングがあることは、あまり知られていない事実といえます。
この方法には他の方法にはないメリットもいろいろとあることから、覚えておいて損はありません。

一昔前の現地通貨の調達方法といえば、たしかに外貨両替オンリーといった雰囲気があったのは事実です。
今でもこの方法はいくらでも使えるわけですが、空港で両替する場合にはやはり交換レートの関係で高くついてしまい、他の方法であれば本来はもっと獲得できたはずのお金を無駄にしていることになります。
また事情通になるとマイナーな国で両替して少しでもレートを有利にする知恵がはたらきますが、これでさえも条件のよい両替所を探すのにはそれなりの苦労が必要なはずで、少なくとも初心者にはあまりおすすめできない手段です。

そこでこれらの手段に代わるものとしてピックアップされるのがここでいう海外キャッシングです。
買い物ではおなじみのプリペイドカードなどとは違って、手持ちのキャッシュカードの枠を利用することから、使う分のお金がすぐさま銀行口座から差し引かれるというわけではなく、いわばカード会社から借金をして一時的に現地通貨を獲得するかたちになります。
また借金になる以上は日数に応じて利息が発生し、返済にあたって使ったお金とともに利息分のお金も支払わなければなりません。
クレジットカードの銘柄によって利息は異なりますが、通常は年利18パーセントかやや下回る程度の水準を考えておけばよいでしょう。
銀行のカードローンや自動車・マイホームの取得などを対象とした目的別ローンと比較すると利息はやや高めですが、返済に相当の日数をかけるのではない限り、日割り計算にしてみると実際にはそれほど大きな金額にはなりません。
繰り上げ返済をすれば支払うべき利息もそれだけ少なくなり、普通に返済日を待つよりも有利となります。

このようにクレジットカードの枠を使うメリットですが、まずは現地に設置されているATMからいつでも気軽に現地通貨を引き出せることにあります。
実はクレジットカードのショッピング枠を利用して買い物をすることも可能で、この方法のほうが便利には間違いないのですが、国際ブランドによっては目当ての店舗での利用ができない場合があります。
また両替もレート的に不利な上に、そもそも両替できる場所が近場に見当たらない事態がないわけではありません。
このような場合に海外キャッシングが使えれば、とりあえずカードと暗証番号が揃えば簡単に引き出しができます。
その場合も適用されるのは利用日現在の実勢為替レートであって、よけいな上乗せがないので有利なところもポイントです。

また多額の現金を持ち歩く必要がないこともメリットといえます。
治安がよいといわれる日本ならともかく、諸外国では現金を手元に置いているだけでも治安の上ではかなりのリスクをともないます。
できれば一度に多額の現金を持つのは避けたいところです。
海外キャッシングであれば必要なときに必要なだけの現金にとどめることが可能なため、旅行中のリスク回避の意味でも優秀な方法です。

ひとつ気をつけておきたいのは、この方法はクレジットカードの機能のひとつですので、事前に海外キャッシング枠を設定しておく必要があります。
カードデスクに電話をするなどして利用枠を申請し、認められていることが重要です。
このような申請はインターネットからクレジットカードの会員専用のマイページを通じて行うことができる場合が多く、電話以外の方法でも可能です。