キャッシングの豆知識!キャッシングの種類:銀行

トップページ
お気に入りに追加

キャッシングの豆知識!キャッシングの種類:銀行

お金を借りるとはいっても世の中にはいろいろな方法がありますが、特に小さな金額を気が向いたときに少量だけ何度も借りるといったスタイルであればキャッシングが最適です。
この場合には預金口座の開設や給与の自動振り込みなどで日頃から取引関係のある銀行に問い合わせてみて、カードローンによるキャッシングを使う方法があります。
お金を借りるという目的のときだけ利用する消費者金融などとは違って、普段から預金などの別の目的で出入りをする機会も多いため、心理的な抵抗感は逆に少ないはずです。

このような銀行系のキャッシングを使うメリットとして、まず挙げられるのが金利の低さです。
お金を貸すことだけに特化している消費者金融などとは違って、お金の貸し出しのほかにも預け入れまでも業務の範囲に含めており、しかも個人以外に法人も相手にしている銀行の場合には、取り扱っている資金の量も膨大で、他の会社とは比べものになりません。
このような資金力をバックにしたキャッシングだけに、金利を低く設定していても十分な融資が可能となっていて、これは利用者の側からみれば、お金を借りたとしてもトータルで返済しなければならない金額が安くて済むことを意味しています。

ほかには借り入れができる限度額がきわめて大きい場合があることが挙げられます。
借り入れができる限度額はそれぞれの会社ごとに違っていて一律ではありませんので、より大きな金額が必要であれば、それに適した会社に申し込みをしておかなければなりません。
たとえば消費者金融の場合、限度額が少ない事例では50万円程度までしか認められないことが多々ありますが、銀行系であればスケールメリットが生きるところで300万円や500万円、さらには800万円などといった限度額が認められる可能性があります。
もちろんこれは最高額を定めたものですので、個人の年収や職業などのステータスに応じて審査のなかで個別に決められる部分があり、申し込みをしたすべての人がこれだけの大金を借りられるというわけではありません。
しかしともかくも最初から少ない限度額しか認められないよりは、大きな枠が提示されていたほうがよほどメリットが大きいといえるでしょう。

取り扱っている金融商品のメニューが幅広いこともあります。
本人はキャッシングという手段しか念頭になかったとしても、実はお金を借り入れる目的に照らしてみれば、別の手段のほうがよい場合はあり得ます。
たとえばマイカーを購入する資金が欲しいのであれば自動車ローン、住宅のリフォームがしたいのであれば住宅ローンやリフォームローンといった、目的によりふさわしい商品があり、金利などの条件も有利にできていることが想定されます。
取り扱っているメニューが多ければ、このように目的にぴったりの商品にいつでもシフトすることができます。

メリットがあればその反対があり得ることは、どのような場合であっても考えなければならないところですが、銀行のキャッシングに関していえば、審査に時間がかかる点はまず指摘しておかなければなりません。
消費者金融とは違って即日融資といったことはほぼ期待できず、最低でも審査に1日はかけますし、場合によっては2週間程度の猶予が必要となってきます。
これは金利が低いこととも関連していますが、金利が高ければ将来的に借り手に返済できなくなる事情ができたとしても、金利収入で損失の穴埋めをすることができる可能性があります。
ところが最初から金利を低くして貸し付けをした場合には、そのような手段がとれませんので、審査のなかで貸し倒れなどのリスクが高い人は排除し、安全確実な人にだけ貸し付ける必要があります。
このような考え方の違いもあいまって、すぐにでもお金が借りたいスピード重視の人にはあまり向きません。