なるほど納得!キャッシングまとめ:国際キャッシュカードによるキャッシングはとても便利

トップページ
お気に入りに追加

なるほど納得!キャッシングまとめ:国際キャッシュカードによるキャッシングはとても便利

海外旅行に行く際には現地で日本円を両替し使用するという人も多いものです。
しかし現地で両替をすると手数料が非常に高額になることが多く、また日本で使用するキャッシュカードで現金を引き出そうとすると使用出来ない場合が多いため、仕方なくクレジットカードでキャッシングを行ない、あとで返済をするという場合も少なくありません。

日本円の両替は手数料が高いばかりでなく、現金を持ち歩くため様々なトラブルに会いやすいのもデメリットとなっています。
また、クレジットカードのキャッシングは現金を持ち歩かないで済むので便利ですが、結局はお金を借りる事になり、その利息も決して少額ではありません。
その為、現地でどのように現地通貨を手に入れるかで迷ってしまうことも多いのです。

そこで注目したいのが国際キャッシュカードによるキャッシングです。
この場合提携ATMで有れば日本国内で歯こうされる国際キャッシュカードが利用出来るほか、手数料が安く済むことが多いのです。
国際キャッシュカードは提携している会社のATMで有ればどこでも利用する事ができ、また手数料もATMの利用手数料だけで済むことが多いので、非常に便利なものとなっているのです。
しかも現地通貨で引き出すことが出来るので両替する手間が省け、とても便利なものとなっており、頻繁に様々な国を訪問する可能性のある人にとっては非常のに利用しやすい物となっています。

国際クレジットカードの特徴は提携会社のATMであればどこでも利用出来る点です。
日本では以前は複数の規格が存在していましたが現在ではcirrusのみとなっており、この規格に準拠したキャッシュカードがいくつかの銀行から発行されているため、この規格のATMであれば口座から現地の通貨で利用する事が出来る様になっています。

さらに国際キャッシュカードと同等の利用ができるものとしてデビットカードがあります。
一般的にデビットカードは国内で使用する際にはクレジットカードと同様にカードで商品の購入は代金の支払いが可能で、また即時に指定の銀行口座から引き落とされるものですが、海外ではキャッシュカード同様にATMで現金を引き出すことが可能です。
但しこれはクレジットではなく、即座に提携している自らの銀行口座から引き出されるため、非常に使いやすい点を持っていることがポイントになります。
すなわち、現金を持ち歩かなくても現地通貨を手に入れることが出来るのです。

国際キャッシュカードのメリットはクレジットカードを利用する場合と異なり、銀行口座の残高もしくは予め設定された一回に使用する限度額をこえて利用する事が出来ない点が問題となります。
この制限は常に口座の残高を確認することが必要であり、その残高をこえて利用する事は出来ないことが理由となっています。
クレジットカードは限度額が設定されているため、その限度額を意識してさえいれば良いのですが、デビットカードは残高が上限となっているため、なれるまで不自由さを感じることも少なくありません。

さらにデビットカードは海外では提携先のATMで利用できる上、その際には国際キャッシュカードと同等の機能となっています。
その為、国際キャッシュカードと同じようにATMでお金を引き落とすことが出来ると考えられているのです。
その為、とても使い勝手が良く手数料も安いため海外旅行をする人にとっては現地の通貨を規準にして利用する事が出来るのがポイントです。

国際キャッシュカードは海外旅行で不便なお金の使い方を効率化してくれる効果があるほか、費用が少額なこともポイントです。
特にデビットカードを使用することで様々な高価を生み出すことが出来るので、そのメリットを活かすことがポイントになっているのです。