解説!キャッシング術:クレジットカードのキャッシング枠でキャッシングとは

トップページ
お気に入りに追加

解説!キャッシング術:クレジットカードのキャッシング枠でキャッシングとは

クレジットカードは日頃から携帯している財布のなかに1枚あるだけでもさまざまな機会に威力を発揮するすぐれたアイテムですが、実際によく使われているのはショッピング枠とよばれる機能です。
これはデパートやレストランなどで買い物をしたり、何らかのサービスを受けたりした場合に、その代金の支払いを店頭でのカードの提示で済ませる方法です。
具体的にはカード会社がその場で支払うべき代金を立て替え払いしているようなもので、翌月以降にいろいろな店舗で使った買い物やサービスの代金の合計額をまとめて、カード会社から本人にあてて請求があります。
ショッピング枠による決済では、何回払いにするのかを店頭でスタッフから聞かれるのが通例ですが、これは取りも直さず代金を少額ずつ分割して支払うことができることを意味しており、経済的な負担感を軽くするのには大いに役立ちます。

実はこのクレジットカードには、もうひとつの大きな機能としてキャッシング枠があります。
こちらは端的にいえば現金をその場で借りられる機能のことであり、買い物やサービスといった現物のかわりに現金をターゲットにしていると考えればよいでしょう。
これは現金が急に手元に必要になった場合、たとえば冠婚葬祭が立て続けに生じたのでいくらか包まなければならずにお金が足りないといった場合にたいへん便利な機能です。
また具体的な借り方として、デパートやコンビニエンスストア、提携先の銀行の本支店などに設置されているATMから現金を引き出す方法が使えますので、自宅から遠く離れた出張先にいる場合などでも、場所を選ばずに使える点でもすぐれています。

ただしこのような便利な機能があっても注意しなければならない点はいろいろとあります。
そのために基本的にはクレジットカードをはじめて作成する際に申し込みをしておかなければキャッシング枠は設定されず、したがって機能はあっても使えない状態になっていますが、あとからカード会社のカスタマーセンターに電話などで連絡して枠を設定したり、既存の枠が足りなければカスタマーセンターを通じて増額を要請し、借りられる最大の金額を増やしてもらうといった対応は可能です。

注意点のひとつにキャッシング枠を利用するとショッピング枠がその分だけ減ってしまう場合があることがあります。
これは両方の枠が総額としてあらかじめ決められているためで、そのために返済計画をしっかり立てた上で利用する必要があります。
もちろん枠を増額すれば問題は解決しますが、その際には本人の収入状況などに照らして可能かどうかを今一度カード会社で審査しなければなりませんので、かならずしも認められるとは限りません。

また借り入れるにあたっては金利の負担があることも挙げられます。
特にショッピング枠の1回払いであれば手数料無料が普通ですが、キャッシング枠の利用ではそうもいかず、1回払いであっても金利手数料として借りた金額にプラスしてその何パーセントかを負担しなければなりません。
この金利手数料はカード会社による異なりますが、一般に18パーセントなどのかなり高い水準が設定されていることがあり、あまり返済の完了を先送りしているとその分だけ金利負担がかさんでしまうことがあります。
したがって転ばぬ先の杖として枠の設定をしておくことは必要といえるものの、金額があまりにも大きかったり、あるいはお金を借りるのに何か特別な目的が決まっている場合には、キャッシング枠を使うよりもむしろ普通にカード会社や銀行などで用意しているカードローンを新規に申し込んだほうが、かえってコストパフォーマンスにすぐれて有利なことがあります。