ためになるキャッシング塾:キャッシングとクレジットカードのキャッシングの違い

トップページ
お気に入りに追加

ためになるキャッシング塾:キャッシングとクレジットカードのキャッシングの違い

今日信販会社から発行されているクレジットカードの多くは、申込時にキャッシング枠の設定を希望することが可能となっており、無事に審査を通過して入会が認められると、カードをつかって現金を借り入れることが可能になります。
一方で、現金を借りることができる金融商品には、銀行や消費者金融会社で個人向けの融資商品として提供されている「カードローン」が挙げられ、こちらもキャッシングと紹介されることが多いです。
クレジットカードのキャッシングとカードローンでのキャッシングは同じ風に考えている人が少なくありませんが、実際には多くの違いがあります。

まず、現金の調達という点ではカードローンの方が圧倒的に便利です。
カードローンは設定される枠すべてが現金借り入れのためのものとなりますが、クレジットカードの場合は利用枠の一部が現金の借り入れ枠として設定されます。
例えば、100万円の利用枠を希望して申し込んで審査を通過したと仮定すると、カードローンだと100万円の現金を借り入れることができますが、クレジットカードの場合は総利用枠の一部が現金借り入れのための枠として設定されるため、借りられる額は数十万円程度にとどまり、100万円満額を借りることはできません。
最初から融資商品として顧客に提供されているカードローンとは異なり、クレジットカードは代金を後払いにして商品を手に入れるために使うもので、キャッシング枠は突然出費をしなければならなくなったときに対応するために使うものです。

また、金利についてもカードローンの方が優れています。
貸金業法の規制を受けているクレジットカードは、利息制限法の上限ギリギリの利率が適用される場合が少なくありません。
カードローンについても消費者金融会社が発行しているものでは同じ傾向にありますが、銀行や信用金庫が発行しているものだと、適用される法律が異なることや消費者金融会社と比較して資金が潤沢なことなどもあって、適用される金利の範囲は広く、条件次第では数%とかなり低い利率を設定してもらえる場合があります。

ローン専用のカードとキャッシング枠があるショッピング用カードを両方とも持っている場合は、借りたお金の返済方法の違いを把握しておくと良いです。
どちらのカードも、毎月決められた日までに返済に必要なお金を用意しなければならないことについては変わりません。
しかし、カードローンではATMや口座引き落とし、インターネットバンキングなど複数の方法が用意されているのに対し、ショッピング用カードの現金借り入れ枠の返済方法はショッピング代金の支払い時と同様、原則として口座引き落としのみになっています。
返済回数や支払額の方式についても、カードローンは残高スライド方式と呼ばれる、特定の日の時点における借入残高に応じて返済額が変わる方式が採用されているものがほとんどなのに対し、ショッピング用カードの現金借り入れ枠を使った場合の返済では翌月一括払いが一般的となっています。
ただし、中にはカードローンと同じように残高スライド方式が選択できるようになっているカードも存在するので、入会先選びをするときにはスペックをよく確認しておきましょう。

カードローンとショッピング用カードの現金借り入れ枠の主な違いは、上記の通りです。
現金をたくさん借りられるようにしておきたい人や利息の負担をできるだけ抑えたい人、毎月の返済時に支払う額を少なくさせたい人はカードローンを選択し、いますぐお金が必要な人や一括返済の目処をたてられる人、カードをあまり多く所持したくない人などは現金借り入れ枠があるショッピング用カードを選ぶと良いでしょう。