キャッシングについて調べてみた:キャッシングのしすぎで債務整理をするということ…キャッシングに注意

トップページ
お気に入りに追加

キャッシングについて調べてみた:キャッシングのしすぎで債務整理をするということ…キャッシングに注意

利用のしすぎには十分に注意

クレジットカードには便利なキャッシング枠が付帯されていますが、利用のしすぎには十分に注意してください。
いつでもお金を借りられるカードがあると、ついつい気持ちが大きくなってしまう人は多いでしょう。
財布にお金がまったく入っていなくても、カードがあればいつでも現金を用意できるのです。
しかしキャッシングの使いすぎは、悪い意味での慣れを生んでしまうので注意してください。
簡単に借りられるメリットを味わってしまうと、消費のコントロールが難しくなるからです。
欲しい洋服やバッグなどを手当たり次第に購入するようになれば、あっという間に債務は膨らんでいきます。

当然ながらキャッシングで引き出したお金は自分のものではありません。
すべて借金になりますので、いつか必ず返済する必要性があるのです。
常に借金という認識を持っているうちは安心できますが、ここを忘れてしまうとあっという間に債務が膨らむので注意してください。
もともとキャッシングとは一時的にお金がないときに補填する手段として登場しました。
多くの人は給料日前になるとお金がなくなるという経験を持っているでしょう。
そんなとき家族や兄弟がいれば、お金を借りることができるかもしれませんが、そうした人がいなければ非常に困ります。
こうした状況を回避できるのがクレジットカードに付帯されたキャッシング機能です。
ただ買い物依存症やギャンブル依存症の人がカードを持ってしまうと、かなりの確率で債務整理が待っているので注意してください。

借金に慣れきってしまうと、借りてもいつか返せると安易に考えるようになります。
中には返済した直後に借入する人もおり、こうした人は元金を減らせないので多くの利息を支払うことになります。
冷静に考えてみれば金銭的に余裕がないから借金をするわけであり、こうした状況で返済していくのは容易ではないのです。
ここを冷静に判断できる人は必要以上に借入しませんが、そうでない人は借金を何度も重ねることになります。
そして返済が厳しくなってくると、借入先を増やすという選択肢に出るわけです。
キャッシングなどの少額ローンは気軽に借りられるのが特徴ですが、それゆえに借入先を増やしやすいリスクがあります。

もし返済不能になるほどの債務を抱えてしまったら、いずれ債務整理をするしかなくなります。
親に借金を肩代わりしてもらう人も一部にいるようですが、借金をした理由が自分にあるならば他人に頼るのは得策ではありません。
安易に頼ってしまうと自己反省ができないので、その後も借金を重ねてしまう可能性があります。
自分で借りた以上は、すべて自分に責任があると考えてください。
金融機関から借入できる年齢は20歳以上に設定されていますが、これは成人に達する年齢であるためです。
つまり自己で責任を取れる年齢にならないと、お金を借りることはできないのです。

返済不能になった場合は、まずは金融機関に話を通しておくのが得策でしょう。
良心的な会社だと返済計画の見直しを提案してくれるケースがあります。
例えば月に3万円の返済が難しいならば、2万円まで減額してくれるところもあります。
ただし毎月の返済額を減らすほど完済は遅くなるので、利息は多く発生すると考えてください。
理想的なのは金融機関が金利を引き下げてくれることですが、これはあまり期待しないほうがいいでしょう。
金融機関が聞く耳を持ってくれない場合は、法律事務所や司法書士事務所に債務整理の相談をすることになります。
債務整理をするうえでの注意点は、すべての方法が有料であること、そして一定期間はブラックリストに登録されることです。
借金を減らしてもらうわけですから、相応のペナルティはあると考えてください。